So-net無料ブログ作成

水嶋ヒロシ?

処女作「KAGEROU」がミリオンヒットとなり、一見小説家として順調なスタートを切ったかに見える水嶋ヒロさんに、突然の芸能界表舞台復帰のウワサクレジットカード現金化 詐欺が飛び込んできました。

(以下引用)
〝俳優兼作家〟水嶋ヒロ(26)がスランプに陥り、先ごろ報じられた「雑誌編集長」を引き受けている場合じゃないという。
「デビュー作に対するネットでの誹謗中傷がトラウマになっている。結果、『前作以上のものを…』と気負い過ぎて、2作目が書けないんだよ」(事情通)。

テレビ界への色気もまだある。
「俳優復帰を狙ったが、最近になって〝大人の事情〟現金化 仕組みをようやく理解したようだ。考え抜いた揚げ句、作家は作家でも放送作家という選択を視野に入れるように。親友の芸人・品川祐の紹介という話だ」(関係者)

そんな水嶋に救いの手を差し伸べるテレビ局が現れた。
「韓国の民放局が今年増えるんだが、うち1つの局が、韓国でも人気のあった水嶋に目をつけた。プロデューサーが『バラエティー番組の司会をオファーする』と張り切っている」(同)

内容は冒険番組というが、水嶋には1つ条件が。
「韓国では『ヒロ』は呼びにくく、男女の区別も付きにくい。そんなことから『ヒロシ』に改名してほしいというオーダーが入ったそうだ」と関係者。番組タイトルは「水嶋ヒロシ 探検隊」ブラックok 融資に決まっているが、本人がこのオファーを受けるかどうか定かではないという。
(東スポ)

水嶋ヒロさんが「KAGEROU」は八百長疑惑が取り沙汰されたり、ネットで散々酷評されたり、本人もかなり辛い思いをしたようです。
最近ではGirl Next DoorのPVに出演したり、3月31日に創刊された新雑誌「グローバルワーク」の編集長に就任したりしましたけど、本人の希望とは裏腹に、芸能界の表舞台への復帰クレジットカード現金化 違法はなかなか難しいようです。(芸能界の噂)

それにしても、水嶋ヒロさんにはいろいろなウワサが出てきます。
なんだかんだ言っても、注目度抜群といったところでしょうか?

本人は小説家や俳優クレジットカード現金化 店舗だけではなく、映画監督、コラムニスト、CMプランナーなどたくさんの夢があるそうですから、元祖“ハイパーメディアクリエイター”高城剛さんのような生き方を目指した方がよいのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。