So-net無料ブログ作成

空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)

 航空自衛隊発注の事務用品の入札をめぐる談合で、空自が平成17年7月、大手文具メーカー6社の担当者を前に、それまでの随意契約から一般競争入札に移行することを説明するとともに、「並びリスト」と呼ばれるリストの作成を依頼したメーカーを落札者とするよう決める方法で談合することを求めていたことが分かった。

 公正取引委員会はこうした事実から空自が談合を主導した官製談合と認定、官製談合防止法に基づき、30日、防衛省に改善措置を要求した。

 また公取委はメーカー6社の談合行為を認定し、うち5社に排除措置命令と総額約3億7500万円の課徴金納付を命じた。

 5社はイトーキ(大阪市城東区)▽内田洋行(東京都中央区)▽プラス(港区)▽ライオン事務器(大阪府東大阪市)▽岡村製作所(横浜市西区)。コクヨファニチャー(大阪市東成区)は課徴金が全額減免された。

 公取委によると、談合を主導していたのは、航空自衛隊第1補給処(千葉県木更津市)の資材計画課長や班長ら計10人。補給処の処長や副処長ら幹部も了解しており、組織ぐるみと認定した。

 10人は平成17〜20年度、机、椅子(いす)、ロッカー、収納庫などの文房具の一般競争入札の際、事前に落札させたい業者に並びリストを作成するよう要請する方法で落札者を決めていた疑いがもたれている。

 並びリストとは、たとえば椅子なら、各社がどの型番の椅子を納入できるか記載したリスト。これを作成する社は自社製品が最低額になるよう価格を設定し、各社に談合に協力するよう要請していた。

 空自側は過去の取引実績や空自のOBが何人在籍しているかを考慮して事業者別の落札目標額を設定し、資材計画課の班長や班員が指示を受けてリストを割り振っていた。

 公取委によると、談合をしていた期間中、OBが6社に10人在籍し、受注額が多いイトーキ、内田洋行、プラス、ライオン事務器には2人在籍していた。将補や一佐が半数以上を占め、部長や顧問の肩書をもっていた。

 この談合は落札率が高いことなどを不審に思った防衛省の防衛監察本部が20年12月に調査を始め、21年5月に公取委に通報していたが、監察結果や公取委への通報予定日もOBを通じて業者側に漏れていた。

【関連記事】
談合防止のため検討委が初会合 空自談合受け防衛省
「絵に描いたような談合でびっくり」 防衛相、再発防止策検討へ
空自オフィス家具納入で談合、5社に排除措置命令へ 官製談合も認定
小沢王国で何が… 岩手県発注工事の談合で業者と公取委が全面対決
宮崎前知事「無実の思い変わらず」 談合・汚職控訴審で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

生理の仕組みを解説する「しきゅうちゃん」がネットで話題に
「有効だが、引き続き検討」=児童ポルノへの接続遮断−有識者協議会が報告(時事通信)
<シエスパ爆発>大成やユニマットの2人を起訴 東京地検(毎日新聞)
店の棚から消えた「排卵日検査薬」 メーカーに問い合わせ殺到(J-CASTニュース)
民主・自民両党首脳“ニアミス”(産経新聞)

「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は25日午後、福岡市で記者会見し、枝野幸男行政刷新担当相ら閣内から党運営への批判が出ていることについて「国務大臣は国務に専念していただければいい。それぞれの分野でそれぞれが全力を尽くすということが挙党一致だ」と不快感を示した。
 執行部に対しては生方幸夫副幹事長も批判を強めているが、小沢氏は「そういう一、二の例はあるかもしれないが、民主党全体としてはみんなで協力しようという意識はますます強固になっている」と強調した。 

<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)
伊豆諸島南部に暴風警報…気象庁(読売新聞)
NEWS手越さんが追突事故=タクシーと、けがなし−東京(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)

<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)

 24日午後4時半ごろ、長崎県雲仙市小浜町富津の海岸で、一部が白骨化した女性の遺体を通行人の男性が見つけた。県警は、先月28日から行方不明になっている、同県諫早市の県立希望が丘高等養護学校3年、種村侑里(ゆり)さん(18)=雲仙市=ではないかとみて身元確認を急いでいる。目立った外傷は見当たらず、着衣の乱れもなかったことから、事故などの可能性もあるとみて調べている。

 県警によると、発見現場は砂浜の波打ち際。遺体は、高等養護学校の上着とチェックのスカート姿で、靴下と靴を履いていた。上着のポケットには、種村さんの名前が書かれた手帳が見つかった。顔などが白骨化しており、県警は25日に司法解剖して死因などを調べている。

 県警などによると、種村さんは2月28日午後4時半ごろに下校。同7時25分ごろ、小浜町のバスターミナルで目撃されたのを最後に行方不明になった。3月1日にはターミナル南西約400メートルの岸壁で種村さんのかばんなどが発見されており、遺体はこの岸壁から北に約4キロ離れた場所で見つかった。【下原知広】

「自由な発言の中にも立場」と原口総務相、生方氏解任問題で(産経新聞)
自民・与謝野氏らが新党結成ではなく党改革実現を目指すことを確認(産経新聞)
<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
<広末涼子さん>前方不注意で接触事故 東京・環状7号線(毎日新聞)
<名古屋市議会>減税「1年限り」可決へ 市長公約を否定(毎日新聞)

<写真展>笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京(毎日新聞)

 「JICA(国際協力機構)地球の広場」(東京都渋谷区)で、大地震などの被災地で生きる子どもたちの笑顔を集めた写真展「MERRY GO ROUND−世界に笑顔を、災害を乗り越えて」が開かれている。

 撮影したのはアートディレクターの水谷孝次さん(59)。中国・四川大地震やインドネシア・スマトラ沖大地震の被災地、阪神大震災後の神戸などで撮影した子どもたちの写真が傘や壁一面に展示されている。

 99年から世界の子どもたちの笑顔を撮影し続けている水谷さんは「現実を乗り越えて生きる子どもたちの笑顔には何事にも打ち勝つ強さがある」と話している。入場無料、21日まで。問い合わせは水谷さんの事務所(03・3478・1931)。【小林努】

【関連ニュース】
新潟市美術館:市長が文化庁訪問 国宝展示に理解求める
新潟市美術館:文化庁方針に市長不満 仏像展示問題
掘り出しニュース:ヴェネチア仮面祭 箱根の美術館で31日まで
黒川文雄のサブカル黙示録:独玩具展示会で感じた中国パワーの台頭
新潟市美術館:カビ・クモ発生問題 国宝展示、断念へ

路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)
「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)
<DNA>誤情報で逮捕状 登録データ別人 神奈川県警(毎日新聞)
<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も(産経新聞)

<山口彊さん偲ぶ会>長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)

 二重被爆者として初めて公式認定され、1月4日に胃がんのため93歳で死去した山口彊(つとむ)さん=長崎市=を「偲(しの)ぶ会」が13日、長崎市内で開かれた。遺族が主催し、友人や生前親交のあった中高生ら約100人が参加。遺影を前に思い出を語りながら、非核平和の誓いを新たにした。

 山口さんは、次男捷利(かつとし)さん(59歳で死去)の死をきっかけに、89歳から被爆証言を始めた。会ではその活動を収めたビデオを上映。昨年12月、山口さんの病室を訪ねた映画監督のジェームズ・キャメロン氏が「山口さんの思いを受け継がせてください」と話し、山口さんが「私の役目は今終わりました」と応える場面も映された。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
イラン:国会議長が長崎報告「真のホロコースト」と米批判
しのぶ会:山口彊さん=3月13日、長崎原爆資料館
元長崎市長:本島等さん、野中元議員と反戦対談
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
日米密約:報告書提出 非核三原則の法制化要望書、被爆者5団体が送付

北、学校ぐるみで思想教育 生徒は「朝青」強制加入 保護者の寄付が活動費(産経新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
茨城空港 開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
酒気帯び運転 容疑で医師逮捕 奈良(産経新聞)

今も癒えぬ傷…秋葉原殺傷公判で被害者証言(読売新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた元派遣社員・加藤智大(ともひろ)被告(27)の第4回公判が9日、東京地裁であった。

 重軽傷を負った2人が出廷し、今も癒えない心と体の傷を語った。

 この裁判で被害者が証言するのは初めて。友人2人が加藤被告が運転するトラックにはねられて殺害され、自らも軽傷を負った20代の男子大学生は、「一番忘れられない最悪の日だった」と声を詰まらせ、「誰でもよかったというのは許せない。2人の痛み、恐怖を味わって死んでほしい」と語気を強めた。

 続いて、ナイフで腰を刺された40代の男性会社員がつえをついて入廷。男性は刺された瞬間の記憶がなく、入院期間は約5か月に及んだ。現在も自力で排便や排尿ができないという。加藤被告について「死刑になると思っているが、私のけがはどうやっても戻らない」と語った。

 証言の間、加藤被告はうつむいたまま、表情を変えなかった。

盗難車で追突3人死傷、さらにパトカー盗む(読売新聞)
提訴 YOSHIKIさんら出演料など求め 制作会社を(毎日新聞)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(1)国立民族学博物館教授・関雄二さん(産経新聞)
性犯罪前歴者、出所後の所在不明1割(読売新聞)
1843億、埋蔵金化 バブル期出資の「運用型」基金(産経新聞)

文科相、北教組指導へ 国旗国歌排除を問題視(産経新聞)

 川端達夫文部科学相は5日の衆院文科委員会で、北海道教職員組合(北教組)日高支部が、卒業・入学式で国旗国歌を排除するための闘争マニュアルを配布した問題について、北海道教育委員会と連携して指導する考えを示した。川端氏は「私たちの考えと違う。学校に持ち込まれてはいけない。関係教委とも連携して指導する」と述べた。下村博文氏(自民)への答弁。

 川端氏は「学習指導要領を含めて、子供たちにも自国の国旗を尊ぶと同時に君が代が歌えるように指導し、国旗国歌を大事にと指導している」とも指摘し、マニュアルの内容を問題視した。

【関連記事】
闘争マニュアル問題 文科相が北教組指導へ
北教組事件 渡部氏「本当に恥ずかしく残念」
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」
北教組・日高支部が「国旗国歌排除マニュアル」
ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

電子書籍普及へルール作り、流通や著作権研究へ(読売新聞)
徳島商サッカー部員、スポーツ用品店で万引き(読売新聞)
野口聡一さんがおもしろ実験 「宇宙でも物理法則にのっとった」(産経新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
<訃報>近藤鉄雄さん80歳=元労相(毎日新聞)

「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)

 病腎(修復腎)移植で2例目の臨床研究が行われた愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で3日、万波誠医師(69)や、医療法人「徳洲会」の能宗克行事務総長(53)らが会見を開き、「(病腎)移植を本気で望んでいる人がいることを理解してもらいたい」(万波医師)と改めて移植推進の姿勢を示した。

 腎臓がんの妻から摘出した腎臓を慢性腎不全の夫に移植した今回の手術で、腎臓を摘出した香川労災病院の西光雄医師(61)は、腎臓の状況について「がんは医師にとって熟練度を要する場所にあった」と説明。がんの直径約2センチだったことについては「全摘出が医学的に妥当であり、腫瘍(しゅよう)の大きさだけで摘出か部分切除かを判断できるわけではない」と述べた。

 徳洲会グループは平成26年までに親族間で5例、第三者間で5例の計10例の臨床研究手術を行う。能宗事務総長は昨年末の第1例目の臨床研究から、わずか約2カ月で行われた今回の手術について「徳洲会グループの病院で小径腎がんの摘出が年間30例程度あり、第三者間については今年中に5例実施できるだろう」と語った。

 徳洲会グループは臨床研究を踏まえたうえで病腎移植の保険適用を目指しており、能宗事務総長は「保険適用への障害をひとつずつ撤去し、グループとしても体制を整えていきたい」と話した。

【関連記事】
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
病腎移植名誉毀損訴訟 万波医師側、録音テープ提出へ
病腎移植再開 執刀医が記者会見 「捨てる腎臓の再利用であり、いいことだ」
病腎移植再開 臨床研究第1例目 宇和島徳洲会病院
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)
<事業仕分け>公益法人は7基準で “隠れ天下り”にもメス(毎日新聞)
津波警報が真ん中に テレビ画面表示に不満続出(J-CASTニュース)
首相動静(3月5日)(時事通信)
<ミニカー>プラチナ製トミカ 700万円(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。